2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.09.02 (Wed)

DDT「両国ピーターパン ~大人になんてなれないよ~」@両国国技館 8/23

mini_090823ddt_891.jpg
このままでいれたらって思う瞬間まで
遠い遠い遥かこの先まで


もう一週間以上前になってしまいましたが、DDT初の両国国技館大会です!
あの感動と興奮よもう一度ー!!
最後の方とか明らかに文が力尽きてます!イエーイ!!
ではどーぞ!


【More・・・】

★試合開始前★
入り口では来週に後楽園を控えたユニオン勢がお手伝い。
お土産DVDもらった!売店が超混みだったので、さくっと同人&パンフ買って席へ。

mini_090823ddt_001.jpg

mini_090823ddt_002.jpg
ヒャーー

両国初めてだけど、天井高くて広くて綺麗ー。
今からここでDDT観るんだー、と思ったら、何かぐぐっときた。
席についてパンフ読む。
これがめっちゃよかった!コラム、年表の力の入りよう。読み応えあった。

そしてダークマッチ開始前にお知らせアナウンスが。
ダークマッチに出場予定だった鶴見五郎が、何らかのアクシデントの為に出場不能に!
(大社長のついったーによると、鶴見さんが興行の日を勘違いしていたそうで…
急遽、三四郎が鶴見五郎の次に師と仰ぐ人物をXとして召集したとのこと。


そして遂に、ダークマッチ開始!!


★第一ダークマッチ★
アントーニオ本多○&ササキアンドガッバーナ vs ●佐藤光留&田村和宏

mini_090823ddt_020.jpg
両国でもわりかしひらひらしていたよ。

mini_090823ddt_014.jpg

mini_090823ddt_030.jpg
アントンはリングインするなり、
アントン「ファイナリィ!ササキアンドガッバーナが、両国に帰ってきたぜー!
     聞こえる!5万6千人のササガバコールが!!
と、ササガバをプッシュしコールを煽る。
これに訝しげな表情を浮かべる田村と佐藤。するとアントンは
アントン「羨ましいだろ!?お前らもやって欲しいか?」
とコールのお手伝い。佐藤には「変態」コール、そして田村には何故か「チッチョリーナ」コールwwwwwww
アントン「もう会場は出来上がってるな!よしかかってこい!」
試合を始めようとするが、どうにも始める雰囲気にならないw
アントン「…普通じゃダメなのか!?」
再度トライするが、
アントン「かかってこい!ちんぽ!!
最低やwwwwwwwwwwwww
結局やり直しもちんぽに終わり時間もないのでちんぽで試合開始。

アントンと佐藤の攻防、佐藤が蹴りと腕拉ぎでアントンを捕らえて田村に繋ぐ。
田村も蹴りでアントンを追い込み、コーナーに上げると腹部を蹴り上げる。その度に跳ねるアントンw

mini_090823ddt_042.jpg
反撃しササガバに繋ぐと、ササガバは田村にカウンターのドロップキック。
しかしすぐに形勢逆転。

mini_090823ddt_045.jpg
佐藤が入るとヘッドロック。更に腕にニードロップを落とす。
代わった田村も続いて腕にロー、そしてアームブリーカー。更に打撃を加えてスリーパー。
寸でで復活したササガバは向かってくる田村をカウンターのケブラドーラコンヒーロで迎撃しようやくアントンへ。

mini_090823ddt_068.jpg
アントンはナックルとダスティで反撃に出るが、佐藤の三角締めから二人の蹴り中心のコンビネーション攻撃に捕まってしまう。
だがアントンは急所攻撃を佐藤へ加え、そこへササガバがミサイルキック。
追い撃ちとばかりにアントンがダイビングフィストドロップを落として3カウント。

mini_090823ddt_073.jpg
うーん、普通だったかな。いやそれがいいのかもだけど。
アントンのマイクは相変わらず冴えているぜ。ちんぽだけどな。

mini_090823ddt_024.jpg
あとササガバは両国でもエロかった。やサエな。


★第二ダークマッチ 中澤マイケル肛門爆破デスマッチ★
高木三四郎&小笠原和彦△ vs △矢郷良明&ザ・マミー

ルールは試合開始予定時刻の17時で試合は強制終了。
で、どんな試合結果になってもマイケルの肛門がスパークアンドデストロイする仕組み。
残された試合時間は5分程度。

mini_090823ddt_079.jpg
まずは三四郎が代打の小笠原先生を伴って登場!キャー先生ー!
つーか先生、三四郎の入場に一緒についてきてしまって、自分の入場曲かかったときには既にリング横にいたとかwwwwww
そして第三帝国の矢郷さん&マミーも、ブラックマミーを帯同して登場。
試合は第三帝国の奇襲で幕を開ける。何しろ時間がないので皆せわしない。
場外でもちゃもちゃ、リング内でもちゃもちゃ。

mini_090823ddt_094.jpg

mini_090823ddt_095.jpg
はよ決めたらいいのに、残り三十秒でサブミッションやスリーパーに行っちゃったりする。
もしかして:決める気がない。

mini_090823ddt_097.jpg
つつがなく17時を迎え、入場してくる肛門。

最初こそビビっていたものの、三四郎と何千人もの観客に煽られると、
マイケル「肛門爆破がそんなに見たいか!やってやるよォー!!!」
と覚悟を決めてリングへ。
リングでは特殊な装置が組まれ、アナルデストロイの為の準備が粛々と進む。

ここでマイケルの肛門に導火線の先と爆薬が仕込まれると準備完了。
着火式は、なんとマイケルの実家から。
火をつけるのはマイケルの実父であり東海大学準教授及びアメフト部総監督である中澤一成氏が行うことに!

mini_090823ddt_106.jpg
スクリーンに映しだされたお父様。

mini_090823ddt_107.jpg
お父様は挨拶の後、厳かにテーブルの上の導火線に着火!!
シュン、と火花を上げて疾走する導火線の熱。
ここでOP!


★本気の爆破★
導火線がどんどん両国に近づいていく。
そしてOP終了と同時に、導火線の火花は花道を駆け抜けリング上のマイケルへ!!
四方から凄まじい炎が上がったかと思うと、マイケルの尻にセットされた爆薬がパァン!!!
なにこの爆破wwwwwww

mini_090823ddt_125.jpg
思った以上に本気すぎて噴いたwwwwwwwwww

そして「Into the light」が流れていよいよ試合開始ィ!!


★第一試合 高尾蒼馬デビュー戦★
安部行洋&石井慧介&高尾蒼馬○ vs 入江茂弘&谷口智一&●伊橋剛太

mini_090823ddt_128.jpg
両国にハルヒ。
今日デビューの高尾は白いコスで登場。学プロ時代のイメージカラーである赤い紙テープか舞う。
みなぎる高尾は先輩二名をコーナーに下げて臨戦態勢。対するは谷口。
ロックアップから押し込みあい、高尾はヘッドロックで谷口を捕らえる。
続いては石井と入江。石井は気合いの乗ったエルボーを入江にぶつける。
安部が入江と対峙。安部が捕まりかけるが伊橋から抜け出し高尾へ。
高尾は伊橋のパワーに押され気味、そのまま入り江に繋がれると入江はストンピング、エルボー、腕を振り下ろし殴りつけまくる。

mini_090823ddt_148.jpg

mini_090823ddt_149.jpg
ボディスラムからキャメルクラッチで高尾を捕らえた入江。
ロープエスケープするが、谷口の連続ボディスラムで叩きつけられ成す術がない。
ブレーンバスターを決められるが、ロープに振られそうなのを堪えてドロップキックで反撃。ようやく石井へとスイッチする。
石井はミサイルキックを谷口にブチ込むと、更にコーナーに振って膝を叩き込む。
しかしその後安部が入江に捕まってしまい、雲行きが怪しくなる。
双方高尾と伊橋に交代。高尾はエルボー連打で伊橋を怯ませ、ブレーンバスターも堪える。
しかし伊橋はムーンサルトを投下。危ないと思われたところをカット。
安部、石井はそれぞれ場外へのブランチャで高尾をアシスト。
好機を逃すまいと、高尾はサードロープの上から伊橋に飛びつきウルトラウラカンラナ!ちょっと危なかった…
と、これが3カウント入った!!
両手を天に掲げて叫ぶ高尾。まさかのデビュー戦初勝利in両国。

mini_090823ddt_173.jpg

mini_090823ddt_175.jpg
正直まだまだですけど、この勝利は神様がこれからのプロレス人生に与えた一つの試練だ。
頑張って欲しいです。イケメンだし!!


★第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 ロイヤルランブル形式
<入場順>大鷲透・ヨシヒコ・DJニラ・偽ル中野&ダンブー松本(一宮章一&三和太)・堀田祐美子・塩田英樹・美月凛音・アズールドラゴン・斗猛矢・高井憲吾・中澤マイケル・りほ・松永智充・趙雲子龍・武藤敬偽(一宮章一)・相撲ヨシヒコ
<退場順>
ヨシヒコ→ニラ→偽ル中野→ダンブー松本→塩田→斗猛矢→美月→アズールドラゴン→高井→りほ→松永→堀田→趙雲→マイケル→武藤敬偽→相撲ヨシヒコ

ルールが説明されるが、「およそ60秒ごと」「大体15名の選手」などあやふや過ぎるwwwwww

mini_090823ddt_177.jpg

mini_090823ddt_178.jpg

mini_090823ddt_180.jpg

mini_090823ddt_182.jpg

mini_090823ddt_184.jpg
煽りVが種の起源とかなんていうか酷い!単語が色々生々しい!
あとさりげに場内実況がついてました。

そしてまずはこの試合の責任者である大鷲が入場。
大鷲「今のVTRの意味がさっぱり解りませんが!!」
ともかく、トイレタイムにならない、gdgdにさせない試合を責任を持ってやりたいという大鷲。
全国から集まった猛者、まず一人目を呼び込む!

響く鐘の音。

mini_090823ddt_189.jpg
よ、ヨシヒコだー!!

mini_090823ddt_192.jpg
初っ端から最強の現王者と戦う羽目になってしまった大鷲。
ゴングが鳴り響き、ロープ際で悠然と構えるヨシヒコに大鷲は…

掴んだ。


投げたーーーーーッ!!


mini_090823ddt_193.jpg
ヨシヒコの何たるかを完全無視した大鷲は、ヨシヒコに付き合わずにあっさりOTRさせる。
勿論大鷲には大ブーイング。

mini_090823ddt_194.jpg

mini_090823ddt_196.jpg
すると続いてはDJニラが姿を現す。そんなニラを何故か相撲の立会い姿で迎えた大鷲。
やらざるを得ない雰囲気に、ニラは諦めて腰を落とす。
そのまま相撲勝負か…と思いきや、ビッグブーツでドーン。3カウントであっけなく退場。
村田「もうこれロイヤルランブルじゃないですね」
勝ち抜き戦みたいな感じになってるw

mini_090823ddt_199.jpg
しかし続いての偽極悪同盟が入ってくると、2対1の構図になり苦戦。大鷲は一時退却。

mini_090823ddt_204.jpg
次に姿を見せたのは堀田。偽極悪同盟を見るなりチェーンで攻撃。

mini_090823ddt_206.jpg
偽極悪同盟は爆竹を仕込んだボードで堀田に殴りかかるが、これが誤爆。

mini_090823ddt_211.jpg
結局二人とも堀田によって退場させられる。さりげなく入場していた塩田も堀田の餌食に。
そのころ大鷲は、場外で三和太と相撲をとっていた。

mini_090823ddt_214.jpg
続いては美月。美月はリングインすると、堀田に跪いて一輪のバラを捧げる。
これに気を良くした堀田は美月と結託。流石ホスト、女性の人心掌握力高え。
二人はシャンパンのコルクを塩田に向かって発射。
そして場外に出ると堀田と塩田は何故かシャンパンをラッパ飲み。そして大鷲に相撲を挑まれる堀田www
花道からはアズール・ドラゴン入場。名前の事を実況解説陣からツッコまれるw

mini_090823ddt_224.jpg
美月と九州人同士の攻防。しかし続いて入場してきた斗猛矢に二人纏めてパワー押しされてしまう。
そこへ今度は名古屋から高井が登場。高井はヘバっていた塩田を使って斗猛矢に攻撃。
村田「完璧にモノ扱いですよこれ
そして使ったら使ったで即フォールして塩田退場。
マイケルっぽい黒焦げのひとは花道で倒れましたが多分気のせいですね。

mini_090823ddt_232.jpg
リング内で二人掛りで腕を捻り上げられる美月。それを斗猛矢は数珠繋ぎのオールドスクール。
だがこれは大鷲が妨害、敢え無く斗猛矢はOTR。
リング内に残った三人で大鷲をOTRさせようとしていると、今度は…りほ様だァー!!

mini_090823ddt_234.jpg

mini_090823ddt_236.jpg

mini_090823ddt_237.jpg
りほに対峙するむくつけき男たち。だがりほは三人纏めてジャンピングニーでOTR!!素晴らしい!!

mini_090823ddt_241.jpg
しかしそこへ悪魔のように忍び寄る黒い…というか焦げた影。
マイケルはりほにその牙を剥き出しにして襲い掛かる。
花道からは松永が入場。マイケルは松永に共闘を求めるが、今やもう「アイスリボン側の人間」である松永はりほと共闘。

mini_090823ddt_245.jpg
二人は肛門爆破で満身創痍のマイケルの肛門をガシガシ蹴る。オオゥ…マイケルのアナル…。

mini_090823ddt_247.jpg
そこへ趙雲も入場し、ライダーキックで肛門をドーン!!

mini_090823ddt_248.jpg
しかしマイケルは蘇生するとりほの髪を掴んで攻撃!大ブーイング!そのまま退場させてまた大ブーイング!

mini_090823ddt_251.jpg
そんな中入場してきたのは…武藤!?あ、武藤っぽい人やった。
村田「今日来たお客さん、DDTで武藤選手が見られて良かったですねー」(棒)
この心無い感じ!!
偽武藤は松永をOTRさせると、そういえば残っていた堀田にもフラッシングエルボー。
ロープにしがみつく堀田、しかし大鷲が「もうおやめ」とばかりに優しくOTRさせる。
残るはいつの間にやら大鷲と偽武藤、趙雲。
と、場内暗転!2階に謎の影が!!

mini_090823ddt_258.jpg
そこに現れたのは、生まれ変わったヨシヒコ!
体格が良くなり、マワシを身に付けた「相撲ヨシヒコ」だ!!

ニラを帯同しごっつぁんですとばかりにリングインすると、趙雲と武藤を続け様に退場させてその強さを見せ付ける。
残るは…大鷲一人。

mini_090823ddt_264.jpg
またしてもヨシヒコに付き合わずに終わるか…と思いきや、掴まれたヨシヒコが大鷲にノド輪を!?


mini_090823ddt_265.jpg
やっぱり投げた。


これで試合は終了。満足げな大鷲にブーイングが浴びせられる。

mini_090823ddt_267.jpg
大鷲「そんなブーイング、今の俺様には痛くも痒くもないさー!!
    大体こんなベルトがあるからこんな試合をする羽目になるんだ!
    皆さん知ってますか?両国国技館のトイレは普通より1.5倍大きくて、何でも流せるんです!
    俺様は今日このベルトを流して帰ります!!」
大鷲はアイアンマンを下水道に封印プランをブチ上げるが、当然の如く大ブーイング。

するとそこへ、ニラを伴いヨシヒコが再登場!?

mini_090823ddt_268.jpg
大鷲に飛びつき…ウラカンラナ!!3カウント!!!

★アイアンマンヘビーメタル級選手権試合★
<王者>大鷲透● vs ○ヨシヒコ<挑戦者>

これでまたしても王座はヨシヒコの手に。
鬼の形相でヨシヒコ(を抱えて逃げるニラさん)を追いかける大鷲。
大丈夫!?これgdgdってない!?大丈夫!?


★ロッカー★
三四郎がBYの廊下を歩いていると、そこへ性懲りもなく矢郷さんとマミーが襲撃!
もみ合う内に三四郎はあるものを見つける…。

ロッカー。

mini_090823ddt_270.jpg
三四郎は矢郷さんをロッカーに入れた後、マミーも押し込めて封印!
これで平和になるのだろうか…


★第三試合★
タノムサク鳥羽●&星誕期 vs 長井満也&○澤宗紀

鳥羽さんのテンション高えwwwwwwwwwww

mini_090823ddt_278.jpg

mini_090823ddt_279.jpg
先発はタンゴさんと長井さん。タンゴさんは四股を踏んで長井を迎え撃つ。
これに対して長井も四股踏み。

mini_090823ddt_281.jpg
そのままぶつかり稽古のようにタックル。長井はフロントハイで迎撃もタンゴさんに張っ倒される。

mini_090823ddt_284.jpg
続いては鳥羽と澤。鳥羽は澤に抱きついて喜び、拳を重ねてから攻防スタート。

mini_090823ddt_286.jpg

mini_090823ddt_292.jpg

mini_090823ddt_296.jpg
激しい打撃の応酬、澤は鳥羽の病み上がりの脚を攻める。
澤は長井にスイッチ。長居はアンクルホールドで鳥羽の脚を捕らえる。鳥羽はロープエスケープ。
今度は澤が足4の字で鳥羽を捕まえる。二人はそのままの体勢で顔を張り倒しあう。

mini_090823ddt_299.jpg
羽が抜け出してそのまま澤にラッシュを決めるとタンゴさんにスイッチ。

mini_090823ddt_302.jpg
タンゴさんは澤をコーナーで圧殺。そのままダイビングボディプレスにいくがこれはよけられる。
長井との攻防、そして再び澤。
澤はタンゴさんの巨体に次々に打撃を叩き込んでいく。

mini_090823ddt_306.jpg
効いてないとばかりに涼しげな顔をするタンゴさんに、澤の表情が笑顔に変わっていく。
タンゴさんは澤のパンチを受け切った上でブレーンバスターへ。
鳥羽にスイッチ、鳥羽は切れ目のない打撃で澤を追い込む。

mini_090823ddt_314.jpg
タンゴさんとのWインパクト式のハイキックで澤を叩き落す。

mini_090823ddt_320.jpg
長井が出てくると、鳥羽はパンチで迎え撃つが、長井は膝を鳥羽に撃ち込むとキャプチュード。
澤に変わるとSWから打撃戦へ。
鳥羽のストレートと澤の伊良部パンチの応酬、Wダウンに。

mini_090823ddt_335.jpg
カウントは進み、立ち上がったのは…澤!

敗北した鳥羽は、暫く呆然としていたものの、立ち上がると全員と笑顔で握手とハグ。どうしたのさwwww


★第四試合 DDTエクストリーム選手権試合(9冠戦)★
<王者>男色ディーノ○ vs ●マサ高梨<挑戦者>

公式の説明をそのままコピペ。
「この試合にはDDTエクストリーム級、世界大森級、大中華統一四川流、梅村パソコン塾認定世界コピペ級、DJニラ認定世界および史上最高級(以上男色ディーノ保持)、JET世界ジェット級、GAY世界アナル級、DJニラ認定世界および史上最強級、初代ミッドブレス級選手権試合(以上高梨保持)がかけられます。」
だそうですよ!

mini_090823ddt_336.jpg
まずは高梨が缶ビール片手にガヴガヴやりながら入場。

mini_090823ddt_344.jpg

mini_090823ddt_345.jpg
そしてディーノは客席の合間から大会場ならではのダイナミックな狩りを愉しみつつ入場。
二人が二人ともある意味自然体。
リングインすると、二人は「9冠」それぞれのベルトをコーナーに置く。
ディーノはその中からたった一本、エクストリームのベルトを掲げて高梨の眼前に立つ。

mini_090823ddt_351.jpg
と、ここで場内暗転。

mini_090823ddt_352.jpg
『男色ディーノ、彼の最初のファンは高梨だった。
 それから一年、今度は高梨がファンでなくなった。
 (中略)
 そんな彼に、リング上のプロポーズが待っていた…』


なにかしらこの感動的なCMっぽい何かっぽい何か!!

照明が再び点ると、高梨はビールを一気飲み、ディーノに奇襲をかけて試合開始。
ロープに振られ、キス待ちのディーノを避けて場外に出る高梨。ディーノも続く。
再びリングに戻ると高梨はディーノにストンピング。
しかし股間を掴まれるとディーノのペースに。
ディーノは背後から勢いをつけて「死ね~」で抱きつき&まさぐり。
ロープエスケープした高梨は、矢継ぎ早の男色クローを回避。

mini_090823ddt_364.jpg
なおも高梨の股間を握らんと迫るディーノの手を跳ね返す。→松井さんに華麗に誤爆。
高梨は身動きの取れないディーノと松井さんもろともラリアットでなぎ倒す。松井さん大ダメージ。
高梨はディーノの鼻を掴んで攻撃、しかしディーノもコックボトムで高梨をたたきつける。
そして両国に響き渡る「ナイトメア!!」。

mini_090823ddt_370.jpg

mini_090823ddt_371.jpg
ディーノはまずはTバック2枚重ね、続いてはTバック1枚からチラリとずらしてアナルを見せ付ける。

mini_090823ddt_375.jpg
辛くも返した高梨は、ファイト一発を回避してトラースキック。
だがディーノはこれを受け止め「シャイニング!」の掛け声でシャイニングあてがい。
そこから今度はファイト一発をヒット。
よろめく高梨。だが高梨はよろけながらもコーナーに向かいベルトを一本手に取ると、それを鞭代わりにしてディーノをシバき倒す。
しかしディーノが避けるとおもっくそ松井さんに誤爆。
この隙に高梨を捕らえたディーノはキラーモード発動、垂直落下式ブレーンバスターを連発。
起き上がった高梨に対して、ナックルを叩き込む。

mini_090823ddt_385.jpg
食らいつく高梨に両手を広げて挑発するディーノ。

mini_090823ddt_386.jpg
ディーノは高梨に再度垂直落下式ブレーンバスターを決める。

と、ここでまた暗転…

mini_090823ddt_388.jpg
高梨バージョンやwwwwwwwww

またしても何かっぽい何かの映像が流れた後試合再開。
エグい角度のバックドロップを返した高梨は突如ハルクアップ、男色ドライバーを堪えてそのままの体勢でディーノをコーナー押し込む。
コーナーには松井さん。避けられなかった松井さん。ぐったりする松井さん。
高梨はディーノにレッグラリアットからタカタニックを完璧に決めるが、松井さんがぐったりしているのでカウントが入らない。

mini_090823ddt_396.jpg
高梨が憤りながら松井さんの元へ行くと、ディーノが背後からキスを求めて急襲→避ける→松井さああああああん!!

mini_090823ddt_398.jpg
加えて何故か尻を出していたディーノがそのまま松井さんの顔面に尻を誤爆したり、高梨のドロップキックが松井さんに誤爆したりで松井さんのライフはゼロよ!

mini_090823ddt_400.jpg
ディーノが高梨にキス、高梨もディーノに蹴りを放つとWダウン状態に。

また暗転かよ!

mini_090823ddt_403.jpg
松井さんwwwwww
松井さんは右肘を痛めているらしい…。

ここで試合再開。松井さんも見事なハルクアップでユー!の後「ファイッ!」

mini_090823ddt_411.jpg
が、またしても高梨の蹴り等が松井さんのよりにもよって肘を…松井さんの肘が限界を迎えようとしている…!
高梨の丸め込みもディーノの男色ドライバーもカウントを取ることができない…どうする!?
が、ここでディーノが高梨にキス、キスの後、ぎゅっと抱きしめて…

mini_090823ddt_414.jpg

mini_090823ddt_415.jpg
男色デストロイ!

いつ見ても美しい男色デストロイ。
後はカウントが入るだけ…苦悶の表情の松井さんが最後の力を振り絞って……3カウント!
9冠統一戦、勝利したのは男色ディーノ!!


★そしてリング上のプロポーズ★

ディーノは高梨に話しかける。

mini_090823ddt_418.jpg
ディーノ「私はゲイよ。でも、そういう意味じゃなくて……愛してる
この『プロポーズ』に、高梨は座ったままで目を逸らす。

mini_090823ddt_421.jpg

mini_090823ddt_422.jpg
高梨「…照れんじゃん。
    でも、あんたが勝って良かったよ。憧れはいつまでも強いままでいて欲しいからな。
    ディーノ、あんたに憧れて、尊敬して、追っかけてきてよかったと思う。
    あんたが勝ったんだ、ここにいるお客さんは9本のベルトを巻いたあんたを見たいと思うよ」
二人の気持ちが通じ合い、ディーノはベルトを巻く前にもう一人の人物に声をかける。

mini_090823ddt_424.jpg
ディーノ「戦ってたのは私たち二人だけじゃないわ。
     松井さん…あ・い・し・て・る!!」

mini_090823ddt_426.jpg
にやっと笑ったディーノは、体中にベルトを巻きつけていく。
…が、ぽろぽろ落ちるwwwwwwだめだwwwwwwwwww
最後は三人でビアパーティだ!と缶ビールでカンパーイ!!!

mini_090823ddt_430.jpg
何か凄いきゅんとなったなァー。
男色さん本当に高梨のこと好きなんだね…ホクホク


★第五試合 ウェポンランブルシングルマッチ★
※お互いの公認凶器が1分おきに入場し、入場した凶器はお互い使用が認められる
高木三四郎○ vs ●ザ・グレート・サスケ

久々のウェポンランブル。

mini_090823ddt_434.jpg

mini_090823ddt_435.jpg

mini_090823ddt_436.jpg
煽りVは何故かテレ東でやってそうな中小企業の戦略分析的な映像w
そしてその中小企業として成功しているDDTを束ねる高木三四郎に対抗しうるのは、元県議会議員のザ・グレート・サスケであるとのこと。
最後は二人が仙台で出会った際のVが流れて試合へ。

mini_090823ddt_446.jpg
三四郎に続いてサスケ入場。

mini_090823ddt_448.jpg
サスケは『レスラー』を意識したコスと入場曲で登場。
試合開始すると、レッツゴーランディのチャントが起こる。あかんやろwwww
腕の取り合いから、まずはサスケ側の凶器が登場!

mini_090823ddt_455.jpg
【おでん】
花道から石井君があつあつおでんを持って登場。
リング内にはあっという間にブルーシートが敷かれて汁もバッチコイの臨戦態勢。

mini_090823ddt_459.jpg
サスケはリングの下から三四郎に向かって汁をバッシャー
あつあつ汁を浴びてリングから退避する三四郎。サスケは尚も汁をぶっかけ続ける。
しかし具を投げようとして摘んで自爆とかする。ひどい。
そして続いては三四郎の凶器、おなじみの

mini_090823ddt_460.jpg
【凶器詰め合わせセット】
しかしこの凶器セットを花道側にいたサスケがゲットしてしまう。
そしてバケツをひっくり返して出てきた様々なアイテムでガツンガツン。
続いてはサスケの凶器。

mini_090823ddt_465.jpg
【自転車】
自ww転www車wwwwwwwww
凶器というか自爆兵器の一つである自転車を投入したサスケ。

mini_090823ddt_467.jpg
上機嫌でリング下を一周。もう一周しだすといい加減に松井さんが怒り始めるwwww
三四郎はチャリで走ってくるサスケを有刺鉄線バットで待ち構えて、ドーン。
自転車から転落したサスケ。そして次のカウントダウン。

mini_090823ddt_470.jpg
【ムチwithバンビ】

mini_090823ddt_471.jpg
きたあああああああああサスケの女王様きたああああああああ
ば、バンビ様ーーーーーッ!!!
密かに古巣への凱旋であるバンビ様。ああ麗しい、ステキ!

mini_090823ddt_472.jpg
自分の与り知らぬところで好き放題のサスケを冷ややかな視線で睨み、指1本で四つん這いに。
そしてムチをバッシンバッシン!!三四郎は悶絶するサスケを抱え起こしてバンビ様に振る。
が、これを切り返してムチ攻撃が三四郎に誤爆!
そのままついでに三四郎に鞭をヴィシヴァシ叩き込む姿にヒュンとなって、次の凶器が入場すると慎ましやかにお帰りになる姿にキュンとなったよ!

mini_090823ddt_475.jpg
【催眠術】
次は催眠術。サスケが自らの遠隔催眠VTRをヴィジョン全てに映し、客を洗脳!

mini_090823ddt_476.jpg
高木三四郎は大悪人だ!
と観客に語りかけ、まんまと催眠状態に陥らせると、カウントダウンの後一斉に大大ブーイング!!

mini_090823ddt_478.jpg
更に「帰れ」コールまで飛び出して三四郎の心がブレイク!
精神攻撃には精神攻撃だとばかりに、三四郎が用意したのは…

mini_090823ddt_479.jpg
【携帯電話】
きた!携帯電話きた!

mini_090823ddt_481.jpg
三四郎はニタニタと笑いながらサスケに携帯カメラを構える。

mini_090823ddt_482.jpg
スクリーンには、観客も携帯でサスケを撮るように促すコメントが表示され、場内はサスケにとってトラウマ再現ともいえる光景に。
しかしサスケは試合だから罪じゃないもん!とばかりに三四郎の携帯をバキーン!そして三四郎を張っ倒してサミング攻撃。
そうこうしてる間に、サスケ側の次の凶器入場!

mini_090823ddt_484.jpg
【三四郎嫁・加代子夫人】
これはある意味リーサルウエポンではないのか…。

mini_090823ddt_485.jpg

mini_090823ddt_486.jpg
両国を前に実家に帰ったという加代子夫人が、純白のコスに身を包んでリングイン!
加代子夫人、三四郎を見るなり即ビンタwwwwwww
更にサスケと協力してレッグスプレッド、そしてサスケに促されてコーナーに上った加代子夫人は、満を持してのムーンサルト!
これを命からがら返した三四郎。そして続いてのカウントダウン…

mini_090823ddt_489.jpg
【サスケ嫁・メリー夫人】
目には目を、嫁には嫁を!

mini_090823ddt_490.jpg
ということでサスケの奥様メリー夫人が、片手に竹刀を伴い登場!
メリー夫人は三四郎が羽交い絞めにしたサスケにためらうことなく竹刀攻撃!

mini_090823ddt_491.jpg
その後もガツンガツン殴り続けるメリー夫人。嫁は…怖いね…(生温い視線で)
身悶えるサスケ、しかし次はサスケのサスケらしさが見られるような凶器が登場。

mini_090823ddt_494.jpg
【和桶】
きました!定番アイテム!(主に自爆用)
しかし三四郎が先これをゲット。
三四郎「どう使うんだこれ…」

mini_090823ddt_495.jpg
と言いながらも、サスケの頭を桶の底に打ち付けていく。

mini_090823ddt_496.jpg
しかしサスケも反撃、三四郎をダウンさせ桶の上に乗せると自らはコーナートップへ。
何かを察した観客は「あああぁ…」と声を漏らすw
そしてサスケがセントーンアトミコ!はい自爆!!
背中をしたたかに打ちつけ苦しむサスケに、三四郎はストンピングを落とし追い込む。
畳み掛けるように、三四郎の次のアイテムがやってきた!

mini_090823ddt_499.jpg
【ロッカー】
ロッカーマッチなら達人級の三四郎の真骨頂!
置くから運び込まれるロッカー。しかしこのロッカー、どこかで見覚えが…。

mini_090823ddt_502.jpg

mini_090823ddt_504.jpg
中からマミーとマミー化した矢郷さんがドーン!!

リングインして三四郎を襲いだすマミーズ。
このままでは試合の決着が付かないばかりかgdgdになりそうなので、どうにかこうにかしのいで二体のマミーをリング外に出す三四郎。
そして三四郎は和桶を手に取り、なんとそれを被った!
視界は無くとも防御力は高まった三四郎は、そのままサスケに体当たりしダメージを与える。
自分の持ち芸を奪われたサスケは、対抗する為に凶器セットの入っていた缶を被る!

mini_090823ddt_508.jpg

mini_090823ddt_509.jpg
どういうことなの…

二人でそのままぶつかり合ううちにへろへろになりWダウン。
先に起き上がったサスケがダイビングエルボードロップを放つも自爆。
三四郎はサスケにパワーボム、サスケは切り返すが三四郎が追いかけてクローズライン。
更にスピコリドライバーと怒涛の攻め。カウントは2。
するとここで場外でなにやら… アッ鶴見さんだ!
遅れてきた鶴見さんが、マミーをおっかけて大乱闘!なんなのwwwww
リング内ではサスケが雪崩式ブレーンバスター。カウント2。
サスケはダウンした三四郎を横目に、ロッカーと和桶を使って何かもぞもぞ。
そしてそれらをセットすると、サスケは三四郎をロッカーに乗せて、自らは和桶を被った!こ、これはアカンで!!

mini_090823ddt_516.jpg
和桶を被った状態でコーナーに座ったサスケ。案の定復活する三四郎。
三四郎は自らの状態とサスケの状態にしばし困惑するが、すぐに事態を把握。速やかにロッカー上から退去。
それに勿論気付いていないサスケは、そのままセントーンアトミコ!→和桶の頭からロッカーにブッ刺さる。
見事としか言いようがねえ。職人芸と言うか、様式美である。
三四郎はサスケにスタナー。そしてサスケをコーナーに追い詰めて和桶をセット。

mini_090823ddt_518.jpg
自らは縦置きにしたロッカーの上に登り、フロムロッカートゥ桶!

mini_090823ddt_519.jpg
更に倒したロッカーの上でSHBを完璧に決めると、ロッカーにべっこりとサスケを沈めて、3カウント!!

三四郎は倒れこんだままのサスケにマイク。

mini_090823ddt_527.jpg
三四郎「サスケさん、自分も大概大人気ないですけど、あの自爆は大人気ないっすよ!
     試合に勝って勝負に負けた気分だァー!」
一方サスケは息も絶え絶えでマイクを持つ。
サスケ「やっぱり強いね高木社長は…」
三四郎「あの自爆が無かったら負けてましたよ!」
そして三四郎は、弱気な事を言っていたサスケに、
三四郎「居場所が無かったら作ればいいんですよ!俺だってプロレス始めたころは居場所が無かったんだ!」
と熱く語りかけるが、サスケは「無理だよ」と俯く。
が、サスケは次の瞬間、仰天計画をぶち上げる!

mini_090823ddt_531.jpg
サスケ「だから、私はこのDDTを私のものにする!

何か言い出したでこの人!!
うろたえる観客、そして三四郎。
サスケ「もうお忘れかい?私は遠隔ヒーリングを使えるんだよ?」
サスケは徐に花道側を向いて、控え室にいるDDT所属選手に遠隔ヒーリングで語りかける。
サスケ「控え室にいるDDTの選手たち!いいかい?君たちはここにいる高木社長がとっても憎い!
    だから君達の手で、このDDTを君達の会社にするんだ!!」
そしてサスケカウントダウンをし、その掌からパワーを送り込むと、同時にスクリーンでもカウントダウンが…

mini_090823ddt_534.jpg
サスケ公認凶器【DDTプロレス】!?

mini_090823ddt_535.jpg
Into the lightに乗って現れたのは、既に試合を終えたDDTの面々。
そして花道を疾走し、三四郎に全員突撃!!

mini_090823ddt_537.jpg
殴る蹴るの暴力を全員で三四郎に叩き込む!何か今日デビューしたイケメンがゲイに掘られていたり、おめえDDTじゃなくてパンクラスじゃねえかっていうメイドもいたりしましたが気にしてはいけないのである。
サスケはその光景を見て、「これでDDTはグレートサスケのものだー!」と叫ぶが、

スクリーンにまたしてもカウントダウンが。


mini_090823ddt_540.jpg
三四郎公認凶器【みちのくプロレス】!!


mini_090823ddt_541.jpg
みちプロのテーマに乗って、野橋真実やラッセたちが一斉に飛び出してきた!
みちのくの面々は、三四郎を虐げるDDTの面々と激しく交戦。

またカウントダウン!?


mini_090823ddt_543.jpg
みちのくプロレス公認凶器【新崎人生】!!!


mini_090823ddt_544.jpg
スクリーンの中に写るのは、みちのくプロレス社長の新崎。
人生「ウチの会長がそちらにお邪魔して、居場所が無いとか言ってると思いますが、
    全くそんなことはございません。
    会長、みちのくプロレスには会長が必要なんです。
    これから本当の意味でサスケがみちのくを引っ張っていく時がくるじゃないですか」
人生は、サスケに帰ってくるように訴えかけると、さらに、
人生「今日はテンションの下がっている会長、そして不景気の中で生きている皆さんに、私から
    “元気になる遠隔ヒーリング”をプレゼントします」
ちょwwwwwあんたもつかえたんかwwwwwwwwww

何やらお経のような文言を詠唱し始める人生。
そしてその映像が終わると…


mini_090823ddt_549.jpg
何か元気になったみたいですね!!(笑顔)

mini_090823ddt_553.jpg
お坊さんいい笑顔すぐるwwwwww

すっかり元気になった大人げねえ人たちは、「何か一緒にやりたいですねー!」と意気投合。
最後は
サスケ「皆さんが一人でもいる限り、DDT、みちのく、そしてプロレス界は永遠に不滅だー!」
の掛け声の後にファイヤー!!で大団円!!


mini_090823ddt_554.jpg
あー…疲れた!いい意味で!(笑顔)
この二人は大変なアホですな!いいと思う!!


★第六試合 スペシャルシングルマッチ★
ポイズン澤田JULIE● vs ○蝶野正洋

mini_090823ddt_558.jpg

mini_090823ddt_560.jpg

mini_090823ddt_563.jpg

mini_090823ddt_572.jpg
煽りV。新日に入門しながらも、怪我で一度夢を諦めなくてはならなかったPSJ。
その半生と蝶野戦に賭ける思いを吐露する。
一方の蝶野も、「アレ」…すなわち“呪文”に対しての印象を語る。
PSJ「向こうの土俵を捨ててこっちの土俵に来てくれたら…わからないよ?」
蝶野「それを受け入れられるのか、られないのか?…ということはやってみないとわからない」

mini_090823ddt_574.jpg
まずはPSJが、蛇影とスーザンを伴い入場。

mini_090823ddt_580.jpg
そして蝶野。悔しいけどCrashは盛り上がるわ…。
試合開始、場内の異様な音(マラカス)、観客の手つきに顔をしかめる蝶野。
そして組み合おうと接近したPSJに即ケンカキック即フォールへ。しかしカウント2で蝶野自らPSJの髪を掴んで引き起こす。
不意打ちを喰らい、場外に逃げて体勢を立て直すPSJ。場内もマラカスでアシスト。
これに不快感を見せた蝶野は、PSJがリングインすると入れ替わるようにリングを降り、帰ろうとしてしまう。
場内からの声に渋々戻る蝶野。
ロックアップにいこうとするPSJをエルボーで撃墜。倒れたPSJを逆片エビ固めからSTFへ。

mini_090823ddt_591.jpg
PSJはロープエスケープ。フラつきながら立ち上がるが、手四つから蝶野はナックル攻撃。
そしてPSJは呪文を使おうと試みるが、発動前にその手を掴まれてしまう。
蝶野はそのままPSJの右腕を腕拉ぎへ。PSJはもがきにもがいてロープエスケープ。
劣勢の続くPSJ。しかし、ロープに走った蝶野にカウンターの攻撃を加えると反撃開始。
グラウンドスリーパーで苦しめるも蝶野はロープエスケープ。
ロープに振って再びスリーパーで捕獲。引き倒して胴締めスリーパー。しかしこれもエスケープされる。
PSJは足4の字。長い間蝶野の足を痛めつけるも、蝶野はまたしてもロープへ。
PSJはロープに走るが、蝶野はカウンターで捕まえて攻撃、そしてシャイニングケンカキック。
試合は場外戦へ。外ではセコンド同士も激しくやりあう。
痛めつけられてリングに戻ったPSJ。コーナー上へ上る蝶野。
ダイビングエルボーで吹っ飛ばされたPSJ、カバーされるもカウント2。
最早余力のないPSJはフラフラで立ち膝を付く。蝶野がPSJを覗き込むようにして張り手で挑発。
毒霧もかわされてしまったPSJは、カウンターのコブラツイストで巻き返しを図る。
しかし蝶野の抗い決め手にはならず。スタンドでエルボーの撃ちあいに。
打ち負けて肩膝を付くPSJにケンカキックを叩き込む蝶野。
だがPSJはカウンターのニールキックで蝶野を迎撃すると、チョークスラムからキャトルミューティレーション!
この満を持しての一手も決め手にならず…蝶野は再びPSJを捕らえる。
ヘッドバットで倒されると、起き上がり様にケンカキック。PSJは喰らいつく。
連発されてもその都度起き上がって見せたPSJ。
しかしコーナーに追い込まれ衰弱、そしてシャイニングケンカキック。万事休すかと思われたが返した?PSJ。
ここで蝶野はフィニッシュを宣言してコーナー上へ。
そして…PSJは…呪文!!!

mini_090823ddt_618.jpg
渾身の力を込めて指を振るPSJ。すると…徐々に蝶野の手が…

mini_090823ddt_620.jpg
上がったーーー!!!
呪文にかかった蝶野、懸命に抗うもPSJの呪文が競り勝ちPSJがそのまま雪崩式ブレーンバスターで蝶野を転落させる。
しかしここで万策、力尽きたPSJ、Wダウンから立ち上がることかなわず蝶野に敗北…。

蝶野「DDT!両国大会、おめでとうだオラ!!」
ツンデレ…なのか、これはw

mini_090823ddt_631.jpg

mini_090823ddt_632.jpg
PSJの必死さ、ただそれだけ、それのみ。
搾り出したように放った呪文の重さは計り知れない、けど、相手が蝶野だった、それが全て。
盛り上がったかといわれたらどうだったかと思うけど、これはPSJの精神世界だったんだと思うと、重たい試合だった気がする。


★第七試合 KO-Dタッグ選手権試合 4WAYイリミネーションマッチ★
<王者組>フランチェスコ・トーゴー&PIZAみちのく● vs KUDO&○ヤス・ウラノ<挑戦者組>
<退場順>ケニー・オメガ&マイク・エンジェルス→MIKAMI&葛西純

最初に書いておくと、スイマセン全然追いきれてないです!
ぶっちゃけあとで映像見て確認したとことかすげーあります!すいません!!

mini_090823ddt_643.jpg
煽りVwwwwwwビバップwwwwwwwwwww
ということで、カウボーイ・ビバップのOP、Tank!に乗せて作られたV、というかMADが素敵!

mini_090823ddt_644.jpg

mini_090823ddt_654.jpg
まずはケニー&マイク組の入場。続いてクドヤス、スクモン、そしてイタフォー。
アントン「この4wayには世界中から挑戦者が集まっている!
     イタリア!日本!カナダ!」
アントンはイタフォー、スクモン、カナダ人二人を次々に指差す。
あれ?じゃあクドヤスは?

アントン「…ジンバブエ!

 ? !

なんでだよwwwwwwwwwwww

mini_090823ddt_660.jpg
ともかく奇襲から攻撃スタート!
まずはKUDOとケニーの攻防。しかしMIKAMIが飛び込んできてKUDOを駆逐。

mini_090823ddt_669.jpg
ヤスとMIKAMI、MIKAMIはPIZAとスイッチしイタリア軍がヤスを虐める展開に。
PIZAがヤスの胸元に蹴りを入れれば、トーゴーがナックルでヤスを追い込む。
ヤスはトーゴーを切り返してマイクにタッチ。トーゴーはマイクを嫌がる素振りを見せると葛西とスイッチする。
葛西は最早お馴染みのリンゴをマイクの前で潰して見せようとするがなかなか上手く行かない。
マイクはそれを踏んだくると一瞬で潰してみせる。
葛西は恐れおののくも、リンゴの欠片を使った攻撃がまぐれにヒット。
マイクの股間をけたぐる葛西。しかし葛西の股間をマイクが急襲→よろめいた葛西がマイクの股間に倒れこむ。結局戻ってきたwwww
しかしマイクが葛西に攻撃、ケニーにスイッチ。
葛西に代わってヤス、ヤスはKUDOと共にカナディアンタッグに攻撃。

mini_090823ddt_683.jpg
しかしケニーはヤスのコーナースプラッシュを切り返すとマイクを踏み台にコタロークラッシャー。
一瞬嫌なムードになるカナディアンズだったが、ここは収める二人。
代わって葛西、葛西はマイクにDDT、ケニーにラリアットを決める。
葛西からクドヤスへ、クドヤスはケニーにいつもの連携を決める。ここでイタリア軍。
イタリア軍はケニーを捕まえて痛めつける。トーゴーのキャメルクラッチからPIZAの顔面ドロップキックがヒット。
MIKAMIが入り、ダウンしたケニーにセントーンからブレーンバスター狙う。
ここでマイクが加勢、MIKAMIをWのブレーンバスターに処そうとするが、寸前で後ろからヤスが押し返す。
MIKAMI側にクドヤスが加勢してカナディアンズを投げ捨てる。
MIKAMIはKUDOにスイッチ。KUDOは座り込んだまま抗うケニーを蹴りで追い詰める。
ケニーはKUDOの蹴り脚を掴んで裏投げ。そしてマイクに繋ぐ。
マイクは大暴れで次々に薙ぎ倒していく。

mini_090823ddt_700.jpg
背後からクドヤスが迫るも、振り返りざまにデスグリップ。そのままロープに振って投げ飛ばす。

mini_090823ddt_701.jpg
イタリアの二人にはデスグリップをかわされたがラリアットで撃墜。
しかしここで場外からアントンが介入。マイクを引き摺り下ろす。
リング内は代わってケニー。ケニーはクロスボディで二人纏めて押し潰す。
そして二人纏めてのフランケンシュタイナーでリング外へ。介入してくるササガバやアントンも次々に駆逐。
更に波動拳から場外のイタフォーにノータッチトペ。
リング内はマイクとMIKAMI。MIKAMIはラダーを持ち出して葛西といっしょにマイクを押し込む。MIKAMIさんのおなかが大ダメージwww
葛西はマイクにDDT、ラダー上からパールハーバースプラッシュ狙うが、ケニーがこれを追いかけラダー上へ。

mini_090823ddt_710.jpg
ケニーは葛西をラダーから掬い上げるように肩車するとクロイツ・ラス。
残ったマイクとMIKAMI、MIKAMIは追ってくるマイクのデスグリップの腕をミッキーブーメランで破壊。
だがマイクもカウンターのフロントハイからスパイラルボムでMIKAMIを叩きつける。カウントは2。
MIKAMIに再度デスグリップ狙うマイクだが、これを払い除けてかわしたMIKAMIはスクールボーイ。マイクこれを返せずに3カウント。ここでカナダタッグが消えた。
KUDOがMIKAMIにダイビングWニー。カウント2。

mini_090823ddt_716.jpg
葛西がラダーを被ってグルグルしだす。次々に薙ぎ倒される面々。
そこへKUDOが葛西の足を引っ掛けて転ばせる→葛西の顔が凄く痛い。
クドヤスが葛西に向かってラダーを持ち出すが、飛び込んできたMIKAMIがラダー越しのミサイルキック。
MIKAMIはKUDOにミッキーブーメランから450°スプラッシュ。ヤスがカット。
MIKAMIはヤスにデュランダル、葛西が投げっぱなしジャーマン。
場外に出たヤスを、葛西は机をセットしてその上に置き、場外へのテーブルクラッシュダイブ。
更にリング内ではMIKAMIがKUDOにヴォルカニックボム。だがリング内にはイタリア軍が。
MIKAMIに対してPIZAのポンプキックがクリーンヒット、大技を決めた途端に敗北。ここでスクモンが消える。
残るはチャンピオンチームとクドヤス。
イタリア軍は弱っているKUDOを捕らえる。思うように反撃に転じることができないKUDO。
KUDOはWのブレーンバスターを纏めてDDTで切り返すとようやく攻撃開始。
トーゴーに蹴りで応戦するも、やはり一人では厳しいKUDO。反撃間もなく再び二人の波状攻撃が襲う。

mini_090823ddt_731.jpg
STFとクロスフェースはヤスがカットに入るが、トーゴーが場外へ放逐。
PIZAは再びKUDOにSTF。KUDOはロープエスケープ。
イタリア軍は座り込むKUDOに同時パズソー。更にイタリアンドライバーの体勢に。
切り返したKUDOは誤爆を誘いようやくヤスにスイッチ。
ヤスがPIZAに串刺しドロップキックから走りこんでのエルボーでカバー。返されるとツームストンへ。
だがこれも返されるとロープに走るが、横からトーゴーがヤスを撃墜。

mini_090823ddt_744.jpg
危うく合体攻撃に捕まりそうになるが、KUDOが救援、逆にPIZAを捕まえ雪崩式フランケン→ダイビングWニーのコンボへ。
KUDOが場外でトーゴーを追う間に、ヤスはPIZAをツームストン。
しかしここでアントンがイタリアンパウダーを発射し未遂に終わる。PIZAが即丸めこむがヤス返す。
フラつくヤスにWのトラースキックをぶちこんだイタリア軍。KUDOにはイタリアンインパクトを食らわせて分断。
ヤスにイタリアンドライバーを喰らわせたイタリア軍。PIZAのポンプキックが決まるもカウント2。

mini_090823ddt_752.jpg
ならばとイタリアンインパクトに処そうとするが、ここで担がれたヤスがどこからかイタリアンパウダーを取り出し噴霧!
ヤスは慌てるPIZAを丸め込む。しかしカウントは2。
すかさずPIZAにトラースキックをぶちこんだKUDO、ヤスがそこを首固め!

カウント3、入った!!!

「GIZEN」が鳴り響く中、寝そべったままで抱き合うクドヤス。

mini_090823ddt_755.jpg

mini_090823ddt_757.jpg
心底、心底嬉しそうに叫びながら手を上げる二人。長かった。長かった。良かった!!
ベルトを肩にかけた二人。ヤスは
ヤス「KUDO!ありがとう!!
と握手。

mini_090823ddt_758.jpg
ヤス「やっと獲れたよ!
   DDTに来て2年間、俺はずっと、ずーっとKUDOと一緒にこのベルトが獲りたかった」
ほろりほろり…
ああああもうね!そうだよね!ずっとずっとタッグ獲るって言ってたんだもんよ!!
やっと二人の腰に廻ってきたベルト。
応援してきて良かった。(ゴールデンラヴァーズに浮気したりもしたけれど…)


★大人げないね!★

mini_090823ddt_766.jpg
と、ここで三四郎のテーマがヒット。花道からは三四郎が現れる。
三四郎は、一回勝った位で新しい歴史がどうとか言うな!と説教。
そしてもう一人同志を呼び込む。

…サスケだ!

mini_090823ddt_770.jpg
サスケ「お前達何年選手だコラ!蹴り殺すそオラァ!」

かくしてこの大人げないブラザーズが、クドヤスに挑戦表明!
コレに対してクドヤスは、

mini_090823ddt_768.jpg

mini_090823ddt_773.jpg
ヤス「でも、DDTの現在は、今、自分たちの肩にあります!
   9/27後楽園、過去でも現在でもない、未来を作りましょう!」
と挑戦を受諾。さあどうなる!?


★メインイベント KO-D無差別級選手権試合★
<王者>HARASHIMA● vs ○飯伏幸太<挑戦者>

mini_090823ddt_789.jpg
幾多のドラマを積み重ね、ここに立っている二人。

mini_090823ddt_791.jpg

mini_090823ddt_793.jpg
緊張の面持ちでリングインすると、厳しい表情でお互い睨みあう。
暫く距離をと計るようにリング内を回り。打撃の構えでまずは蹴りでお互いの出方を探る。
先に動いたのはHARASHIMA。懐に入り込んでグラウンドに持ち込む。
お互いに譲らず一旦離れると、再び睨みあい。
今度はハイキックを巡る攻防。飯伏がHARASHIMAの水面蹴りに足を取られながらも向かっていくが、HARASHIMAも飯伏の足を引っ掛けて倒す。
そこからお互いの攻撃を読み合い避け合い、会場がその素早さに沸く。
そしてまた長い間の静寂。二人だけの視線の駆け引き。
満を持してのロックアップ。飯伏が腕を取るが、HARASHIMA切り返す。
飯伏は腕を捕まれたまま場外に飛び出しHARASHIMAの腕をロープに打ち付けると、スワンダイブ式ミサイルキックで追い撃ちをかける。
だがHARASHIMAは飯伏のムーンサルトを蹴りで迎撃。
悶える飯伏。ここからHARASHIMAの腹攻めが始まる。
腹部にギロチンドロップ、ストンピング、コーナーに逆さづりにしてのドロップキックを立て続けに決める。
HARASHIMAは飯伏の腹に膝を立てて首を捻り上げる。飯伏ロープエスケープ。

mini_090823ddt_826.jpg
HARASHIMAはボディスラムからボディシザーズ。飯伏は苦しみの声を上げる。
リリースしてヘッドロック。ロープワークで更に飯伏を空中で撃墜しキャメルクラッチへ。
耐えた飯伏は叫びながらロープエスケープ。
飯伏はカウンターのレッグボンバーを食らわせると反撃開始。
コーナー上に上るがHARASHIMAも追ってくる。
飯伏は堪えてHARASHIMAをエルボーで落とす。しかしHARASHIMAすぐに蘇生。
そんなHARASHIMAを読んでいたかのように、ひらりとムーンサルトでリングに降りると、HARASHIMAをフランケンシュタイナーで投げ飛ばす。
場外にでたHARASHIMAに、飯伏はコーナー上からの攻撃を試みたがHARASHIMAが妨害。
飯伏はコーナー上からHARASHIMAをエルボーで叩き落そうとするが、HARASHIMAが蹴りで逆に飯伏を落下させる。
代わってコーナーに上ろうとするHARASHIMA。それを飯伏がジャンピングハイで襲撃。再度場外へ。
こんどこそ、とばかりに咆哮してエプロンを疾走、そのまま場外ヘケブラーダを決める。
HARASHIMAをリングに転がした飯伏。
リング内では激しいエルボーの撃ち合い。
そして飯伏の打撃のラッシュ。ハイキックを避けられるとオーバーヘッドで頭を打ち抜く。
飯伏はコーナー上へ。そしてムーンサルトムーンサルト。カバーするがカウント2。
飯伏は更にミサイルキック狙うが、HARASHIMAが避けた上に腹部にニー。
身を畳んで苦しむ飯伏を今度はロープに引っ掛け、コーナー上から後頭部にギロチンドロップ。
続けてスワンダイブボディプレス。返されるとフルネルソンの体勢に。

mini_090823ddt_847.jpg
裏投げで投げ飛ばすと、ゴーゴンクラッチで絞り上げる。
リリースして山折りに行くが、飯伏は切り返して倒れたHARASHIMAにグラウディングシューティングスター。
さらにそのままコーナーに駆け上がりムーンサルト。しかしこれはHARASHIMAが膝を立てて迎撃。
苦しむ飯伏を尻目に蒼魔刀に行こうとするHARASHIMA。立ち上がり追い縋る飯伏。
飯伏はHARASHIMAのバックを取る。HARASHIMAも切り返すが、飯伏が勢いのまま投げっ放しジャーマン。

mini_090823ddt_853.jpg
飯伏とHARASHIMAは蹴りの攻防。飯伏のハイキック、HARASHIMAの水面蹴りがそれぞれヒット。Wダウン。
カウントギリギリで立ち上がると、にらみ合いの後ミドルの打ち合い。
ハイキックが入ると倒れる飯伏、HARASHIMAはコーナーに上るが、そこへ飯伏がすかさずオーバーヘッドキック。
ガッツリ入ったHARASHIMAは転落。飯伏は打撃のラッシュからハーフネルソンスープレックスで叩き付けるがカウントは2。
畳み掛けるように滑り気味のパワーボムからフェニックススプラッシュを決めた飯伏。
だがこれでもHARASHIMAはキックアウト。もう一発狙いにコーナーに上る飯伏。

mini_090823ddt_866.jpg
しかしそこへ追いかけるHARASHIMA。コーナートップに立つ飯伏に飛びついてリバースフランケン!

mini_090823ddt_870.jpg
そして蒼魔刀を2連発で飯伏を押さえ込む。…が、決まらない!
HARASHIMAは飯伏を抱え起こし追い討ちのタイガースープレックス。カウント2。
しかし力無い飯伏にHARASHIMAはパズソー、そして…スワンダイブ式の蒼魔刀!!
急角度で飯伏に膝が突き刺さる!カウントは…2!返した!!
しかし飯伏はたちあがるのも精一杯。だがHARASHIMAが挑発し張り手合戦に持ち込むと表情がすっと変わる。
眼つき鋭くHARASHIMAを張り倒す飯伏。張り手から掌底でHARASHIMAを防戦一方に追い込んでいく。
そしてすっとバックを取ってドラゴンスープレックス。が、カウントは2。
飯伏はまさに意地とばかりにラリアットでHARASHIMAを吹っ飛ばす。返されるとパズソー。

mini_090823ddt_879.jpg
そしてHARASHIMAをパワーボムの体制に担ぎ上げると……そのまま頭部をホールドして…スープレックス!?
へ、へんたいだー!!変態技が出たぞー!!!
この技にHARASHIMAは沈黙、3カウント……

mini_090823ddt_882.jpg
新KO-D無差別級王者、飯伏幸太!!!

mini_090823ddt_886.jpg
飯伏の腰にベルトを巻くと、無言でリングを去るHARASHIMA。
そして飯伏はその喜びを全身で示す。

mini_090823ddt_900.jpg
飯伏「こんなにたくさんの人の前でメインで勝てたこと、試合が出来たことが本当に嬉しいです。
    DDTは今から出発です!!!

mini_090823ddt_894.jpg
そう叫んだ飯伏。
少年が大切な宝物を抱くかのように、その腕の中にベルトを抱きしめる。
この、少年がそのまま大人になったような純粋野生培養の、飯伏が、未来を照らす。


mini_090823ddt_904.jpg
おめでとう、飯伏!!


★ED★
ということでED映像!生撮りでみんなでワイワイ!
いぶっさん元気wwwwwwすげえwwwwwwwwww
あと村田さんの動きがステキでしたじゅるり!何気に響鬼32話のダンキさんの去り際といっしょのアクション!(こまけえ)

で、この宴を締めくくるに相応しいニュースが!

mini_090823ddt_931.jpg
来年も両国やーるよーーーーーー!!!!!





もう大分時間が経ってしまって、書きたいこととかはブログやついったーに書いてしまったのですが…。
とにかく5時間、ずっと夢心地でした。楽しかったなぁー。
EDが流れて、終わっちゃうのが勿体無くて、終わらなきゃいいのにとかエンドレスエイトみたいなことかんがえてたwwwwwww
でも来年もあるからね!!
それまでまだまだ追っかけまっせDDT!!!
スポンサーサイト
EDIT  |  15:40  |  レポ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

おつかれさまどす。

そんな事あったっけなぁと思い返せたり(特に村田さん発言)、徐々に書き方がアレになっていく様がわかったり、知らない言葉が出てきて勉強になったり(むくつけ)、あの席からでも十分見やすいんだと言う事がわかったり、やっぱりあぁ書けばよかったなぁ・・・と思いっきり後悔したりと、色々為になった風ソテー。

目の前にはもう鬼神道やキャンプ場が控えているが…まぁ残りも出来る範囲でがんばってたもれ。じゃまた来年の両国で ノシ
ぐりふぉん |  2009.09.03(木) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。